トップページ > 会議所の動き一覧 > 【7/17(火)開催】『中小企業白書・小規模企業白書2018説明会』開催のご報告


熊本商工会議所
〒860-8547
熊本市中央区横紺屋町10
TEL 096-354-6688

地図熊本商工会議所について
入会のご案内
特定商工業者制度について
役員議員一覧
採用情報
入会のご案内
貸会議室のご案内
メールマガジン購読
熊本商工会議所青年部
熊本商工会議所女性会
くまもとファッション協会
STREET ART-PLEX KUMAMOTO
不動産業部会通信
熊輝倶楽部e-books
商工会議所ライブラリー
海外からの引き合い情報等掲載サイト
熊本県事業引継ぎ支援センター
英語応対能力検定
事業承継ネットワーク
熊本県働き方改革推進支援センター
働きやすく生産性の高い企業・職場表彰
会議所の動き
【7/17(火)開催】『中小企業白書・小規模企業白書2018説明会』開催のご報告

 「中小企業白書・小規模白書」は毎年、中小企業庁より発刊されておりますが、2018年版では中小・小規模企業の生産性向上に向けた取り組みに着目し、現状の分析とともに豊富な事例紹介を取り入れた、より実践的な内容で紹介。
 説明会当日は、中小企業庁 事業環境部 企画課調査室 経済産業調査員の山田健太様より事例も踏まえ、分りやすくご解説をいただきました。


概要・ポイントは以下の通りです。

◆2018年版中小企業白書
 ○中小企業の景況感は改善傾向にある一方、大企業との生産性格差は拡大。
 ○未来投資型の取引慣行に向けて、下請取引は着実に改善。
 ○深刻化する人手不足。女性・シニア等の掘り起しが課題。
 ○IT導入等を行う上でも、業務プロセスの見直しは生産性向上の大前提。
 ○幅広い業種で多能工化・兼任化の取り組みが進展。生産性向上にも寄与。
 ○IT導入のきっかけとして重要となるのは、地元のITベンダーなど身近な相談相手。
 ○業務領域や一企業の枠を超えて連携することでITの効果は飛躍的に高まる。
 ○生産性向上のためには前向きな投資が重要。引き続き投資を促進する必要。
 ○経営者の高齢化から休廃業・解散が高水準。事業承継等を背景に、中小企業のM&Aは増加。
 ○中小企業のM&Aは、生産性向上に寄与。今後はマッチング強化が課題。

◆2018年版小規模企業白書
 ○小規模事業者数は減少しているが、規模拡大する事業者や高い生産性の事業者も存在。
 ○小規模事業者では、経営者に業務が集中。IT導入等による経営者の業務効率化が急務。
 ○IT導入等により小規模事業者の生産性は向上。
 ○小規模事業者では、ちょっとした工夫で生産性向上。
 ○小規模事業者へ施策を浸透させる上では、身近な支援機関の役割が重要。
 ○小規模事業者は、兼業・副業やフリーランス等の多様な働き方の受け皿。